" type="text/css" media="screen,tv,print" /> 関節リウマチどっとコム-症状や検査、治療について知る-

関節の痛みを感じるリウマチ

リウマチの代表的な病気としては関節リウマチがありますが、他にもリウマチと呼ばれる病気は200以上あると言われています。
非常に沢山の種類があるのですが共通するのは「関節が痛む」ということ。ひょっとしてリウマチ?と体の微妙な変化を感じたら、病院で診てもらいましょう。症状の軽いうちに治療を行えば、よくなる可能性も高くなるからです。

知っておきたいリウマチの4つのコト

どんな症状があるの?
リウマチの中でも代表的な関節リウマチの症状には痛み以外にも「だるさ」「熱っぽさ」「食欲不振」という全身症状が初期に見られます。
「疲れているのかな?」「風邪かな?」と勘違いしそうな初期症状なので、見逃してしまう人も多いようです。症状が進行していくと、体のこわばりや指の腫れが目立ってきます。

なんでリウマチになるの?
沢山種類のあるリウマチにはそれぞれ多くの原因があるので、ここでは関節リウマチの原因をご紹介します。関節リウマチは免疫異常の病気といわれています。自分の免疫システムが自分の組織(滑膜)を攻撃し、炎症を引き起こすことで痛みが生じます。
それではなぜ免疫異常を起こしてしまうかについては、残念ながら不明な点が多いようです。

リウマチの検査について
ちょっとでもリウマチかな?と疑問に思う様な症状があれば、医師に診てもらいましょう。お勧めの受診科はリウマチ科で、その他にもリウマチ専門医がいる病院で診てもらうのが安心です。 リウマチは診断が難しい病気といわれています。適切な治療をすぐに受けるためにも、リウマチに詳しい医師を見つけることが大切です。

どんな治療があるの?
基本的にリウマチの治療は薬物療法が中心となります。この治療では進行が早期であるほど病気を抑えやすいため、早期発見・早期治療がとても大切です。 症状が進行してしまい、痛みがひどくなったり、日常生活に支障が出るような関節機能の低下が起こると、手術を行うことがあります。