" type="text/css" media="screen,tv,print" /> リウマチ関連用語 | 関節リウマチどっとコム-症状や検査、治療について知る-

リウマチ関連用語

リウマチ関連用語 に関する記事は以下をご覧下さい。

  • リウマチ結節
    リウマチ結節は、関節リウマチ患者さんの間接外症状で、ひじの皮下にできるしこりです...
  • 滑膜
    滑膜とは、関節内にある組織で軟骨のように骨と骨が直接こすれないようにするためにク...
  • 骨びらん
    骨びらんは、X線検査の画像で見られる骨皮質の虫食い状態の不連続像のことです。関節...
  • パンヌス
    パンヌスは「1枚の布」という意味で、関節リウマチで関節の滑膜細胞が増殖したことで...
  • ボタン穴変形
    ボタン穴変形は、指の第2関節の炎症が持続すると、指の背側の関節包が引き伸ばされて...
  • ムチランス型
    ムチランス型は、関節リウマチにおいて、ステージ4末期症状で強直とは反対に関節の骨...
  • ランスバリー指数
    ランスバリー指数は、関節リウマチの炎症、疾患の活動レベルを評価するときの指標のひ...
  • ぶどう膜炎
    ぶどう膜とは、眼球を包むように広がる膜で、脈略膜、毛様体、虹彩をまとめた総称です...
  • 痛風結節
    痛風結節は、痛風が進行したことによってできるこぶのようなものです。尿酸が尿酸ナト...
  • ばち指
    ばち指は、上肢または下肢の指の先端が広がり、爪の付け根のあたりが盛り上がって、へ...
  • 骨萎縮
    骨萎縮とは骨の代謝が悪くなり、骨の吸収だけが進み、骨が減少する症状で痛みを伴いま...
  • 脊椎圧迫骨折
    脊椎圧迫骨折とは脊髄に上からの衝撃が加わることにより骨折する症状です。事故や転倒...
  • 環軸関節亜脱臼
    環軸関節亜脱臼とは首の頸椎の上から第一頸椎(環椎)が第二頸椎(軸椎)から外れかか...
  • 手根管症候群
    手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、文字通り手に存在する神経の管が圧...
  • 足根管症候群
    足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)とは、どの部分から異常をおこし、どんな...
  • ばね指
    ばね指は指の腱と靭帯性腱鞘の炎症が原因でバネのように指が曲がった状態からスムーズ...
  • 関節可動域(ROM)
    関節可動域(ROM)とは関節可動域が制限された時にその因子となるものを調べ、症状...
  • 拘縮
    拘縮(こうしゅく)とは皮膚、神経、関節など関節外の組織が癒着などが原因で、関節可...
  • 強直
    強直(きょうちょく)とは健康体であれば、骨と骨が関節内では可動しやすいように少し...
  • 槌指
    槌指とは、関節リウマチの症状の一つで、足の親指以外にが変形する症状です。リウマチ...
  • パルス療法
    パルスには、「衝撃」という意味合いがあり、大量のステロイド薬を使用する治療方法は...
  • ステロイド潰瘍
    ステロイド潰瘍とは、ステロイド投薬による副作用の一つで、消化器の働きのバランスが...
  • ステロイド筋萎縮
    ステロイド筋萎縮とは、ステロイド投薬により筋肉が委縮し筋力が低下するステロイドの...
  • ステロイド精神病
    治療をする際に用いられるステロイド剤には、体内に影響がでるだけでなく、脳にも影響...
  • ステロイド離脱症候群
    ステロイドは、誤った使用方法により、体の内部にまで影響を及ぼすとされています。表...
  • 血液浄化療法(アフェレーシス)
    人の体でもっとも大事な役割をしている血液には、細胞が生きていく上で必要不可欠なも...
  • ドラッグデリバリーシステム(DDS)
    医薬品にはそれぞれの働きや目的があり、役割もそれぞれ違います。薬の効果を発揮する...
  • 等尺性運動とは
    関節を動かす事で、関節内部に必要な酸素や栄養素を運ぶことが出来ます。リウマチを改...
  • 全身性エリテマトーデス
    全身に異常をもたらす、全身性エリテマトーデスという疾患は、原因不明の病気で、見た...
  • レイノー現象とは
    レイノー現象、この言葉は比較的ご存知の方も多いと思います。手足の指先に主に表れる...
  • 強皮症(進行性全身性硬化症)
    強皮症とは、皮膚が硬くなる(硬化)症状が特徴で、原因不明の特定疾患に類される病気...
  • 皮膚筋炎
    皮膚筋炎とは皮膚と筋肉に影響が出てくる疾患であり、筋肉のこわばり、何かするときの...
  • 多発動脈炎
    動脈には数多く存在している様々な大きさの血管があり、血管の組織には、免疫にかかわ...
  • シェーグレン症候群
    シェーグレン症候群とは、膠原病をともなわない場合につき、別名、乾燥症候群(かんそ...
  • サルコイドーシス
    サルコイドーシスの発症しやすい年齢は男女ともに20代であり、40代以降は女性にも...
  • ベーチェット病
    ベーチェット病とは、目、口、ひふ、外陰部の他、中枢、末梢神経、消化管、関節、血管...
  • リウマチ性多発筋痛症(PMR)
    リウマチ性多発筋痛症は、リウマチという名前が使用されていますが、関節リウマチとは...
  • 繊維筋痛症
    繊維筋痛症は、痛みによる不眠症とストレスがたまり悪循環となることもあります。線維...
  • リウマトイド結節
    リウマトイド結節とは、一言でいってしまえばコブです。体表や体内の色々な箇所で見ら...
  • 痛風性関節炎
    日常生活で健康を維持していく上で、もっとも大切とされている食事は、日頃の積み重ね...
  • フェルティ症候群
    フェルティ症候群とは、関節リウマチを長く患っている患者さんにみられる症状で、発症...
  • ウェゲナー肉芽腫症
    ウェゲナー肉芽腫症とは、特定疾患の1つで難病とされています。全国で患者数が100...
  • アレルギー性肉芽種性血管炎
    アレルギー性肉芽腫性血管炎とは別名チャーグ・ストラウス症候群とも呼ばれています。...
  • 高安動脈炎
    高安動脈炎(たかやすどうみゃくえん)とは、全身の大血管(頭や手足、内臓に血液を送...
  • 側頭動脈炎
    側頭動脈炎とは、60歳以上の高齢者が主に発症すると言われている頸動脈と、その枝分...
  • シェーンラインーヘノッホ紫斑病
    シェーンラインーヘノッホ紫斑病とは、免疫の異常によってアレルギー反応がおこり、血...