" type="text/css" media="screen,tv,print" /> 足根管症候群 | 関節リウマチどっとコム-症状や検査、治療について知る-

足根管症候群

足根管症候群

足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)とは、どの部分から異常をおこし、どんな症状が体にあらわれてくるかを説明していきます。またそれにより、日常生活上でどのようなことが不便になるのかなど、治療法を含め紹介していきます。

症状

足の裏の部分に痛み(ジンジン、ピリピリなどという感覚)と、はれが生じ、足の甲には痛みがないのが特徴です。足首を動すと痛みをともない、くるぶし(足首の内側の飛び出た箇所)の下側を押すと痛みが足の先にひびき、やきつくような痛みがあります。たとえば運転をする時や、アクセルやブレーキを踏むとき、足先に力を加えるなどの動作の時などに支障をきたし、歩くなどの日常的な生活にも支障がでてきます。痛みは特に夜間や寝る時に症状が悪化する傾向がみられます。

しくみ

後脛骨神経(こうけいこつしんけい)といわれる神経が、圧迫やしげきを受ける事により、痛みやしびれをともないます。ひざから足首(くるぶしの付近)までの部分にかけ、また足首(くるぶしの付近)から足の裏にかけて枝分かれをし、足の裏の感覚をつかさどっています。また、足首(くるぶしの付近)には、足根管(そっこんかん)といわれるトンネルが存在しており、その中を後脛骨神経(こうけいこつしんけい)がとおっています。そこに外部からの圧迫やしげきを受けることにより、足の裏がしびれや痛みを引き起こすという症状があらわれるのです。

検査、診断、治療法

病院の診察で、検査方法としては、まず圧迫されている痛みの部分を軽くたたいて、かかとから足の裏や指先まで伝わるどうかを調べます。確定診断のためには、電気生理検査というものを行い、神経伝導障害を確認するためには、神経伝導速度というものを調べます。後頸骨神経の伝導速度に遅れがあると確定です。治療方法として、足根管症候群の治療法を検討するにしたがって、その原因を理解していくことが効果的とされます。これは、ふくらはぎの奥につながる筋肉による異常であり、一部に力が加わることにより、かかとやその周辺に痛みが生じることを言います。足が全体とバランス良く機能するような方法を用いり、後脛骨筋(こうけいこつきん)と言われる部位をストレッチするのが、この症状に良いとされています。