" type="text/css" media="screen,tv,print" /> 手根管症候群 | 関節リウマチどっとコム-症状や検査、治療について知る-

手根管症候群

手根管症候群

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、文字通り手に存在する神経の管が圧迫され発症するもので、その時に指がしびれたり痛みを伴うのですが、小指にはそれが見られないのが特徴です。

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは

手の平を目で確認してみると、親指側と小指側の付け根が高くなっているのがわかると思いますが、これらの骨の間は屈筋支帯(くっきんしたい)と呼ばれるもので覆われており、屈筋支帯(くっきんしたい)のせまいスペースの所を手根管(しゅこんかん)といいます。手首の手のひら側にある骨と 靭帯(じんたい)に囲まれた手根管(しゅこんかん)というトンネルのなかを、正中神経と5本の指を曲げるための筋肉のすじがとおっており、このトンネルのなかで神経が圧迫を受けることにより、しびれや痛み、運動障害を起こしてしまう症状です。

症状による対策と処置法

初めは痛みが親指を中心に、人差し指、中指、薬指までしびれと痛みを伴います。これらの症状は、朝に目が覚めた時に強く、ひどい時には夜中や睡眠中にしびれや痛みで目が覚めることもあります。この時に手くびを使ってブルブルと手を振ったり、指の運動をすると楽になります。指にしびれや痛みがあり、朝起きた時にひどかったり夜間睡眠中に目が覚めるようなら、整形外科を受診してください。親指の付け根の筋肉がやせていれば、手術などの早急な治療が必要となってきます。症状がひどい場合には、健康な筋肉のすじを移動する手術が必要となってきます。 

診断と検査方法

手根管症候群の診断では、1,手のひら側をたたくと、痛みが指先にひびく傾向が見られ、手首を手のひら側に最大に曲げるとしびれや強い痛みをともないます。2.手関節屈曲(てかんせつくっきょく)テストという検査では陽性になります。3.電気を使った検査では、神経を電気で刺激し、筋肉が反応するまでの時間が長くなります。4.知覚テスターという機器を使用して調べるてみると、感覚的なものが鈍くなっています。治療方法として、しびれや痛みが軽症~中症程度の場合は、手首を安定させるため、装具を使ったり、注射、内服薬を使用します。もしこれらの療法が効かない時や、筋肉にやせ細りがある場合は手術を行います。