" type="text/css" media="screen,tv,print" /> 環軸関節亜脱臼 | 関節リウマチどっとコム-症状や検査、治療について知る-

環軸関節亜脱臼

環軸関節亜脱臼

環軸関節亜脱臼とは首の頸椎の上から第一頸椎(環椎)が第二頸椎(軸椎)から外れかかってしまう状態になり、中にある脊椎が圧迫され現れる症状であり、症状は全身に現れます。原因や症状、治療法を詳しく紹介します。

環軸関節亜脱臼の原因とは

哺乳類は首に7個の骨があり、これを頸椎といい、首の付け根から第一頸椎~第七頸椎まであります。その中でも第一頸椎と第二頸椎特殊な形をしており、第一頸椎を環椎、第二頸椎を軸椎と言い、その間の関節を環軸関節と言います。環軸関節は首の関節で一番運動が多い関節で頭蓋骨を支え、左右上下に動かす役割をしています。第二頸椎は環軸横靭帯により前方に引っ張られています。第一頸椎が第二頸椎から10ミリ以上ずれることにより環椎関節不安定症になり、さらに外れかかってしまう症状を環椎関節亜脱臼といいます。関節リウマチやダウン症の方に多いと言われています。

環軸関節亜脱臼の症状とは

頸椎には全身の神経を脳に送るために脊髄が通っています。脳と脊髄をあわせて中枢神経とよびます。頸椎がずれると中枢神経が圧迫されたりすることにより、全身に様々な症状が現れます。脊椎を圧迫されることにより現れる症状は、四肢の運動、感覚が麻痺する、呼吸障害、腸や暴行の異常、頭痛やめまい、座位がとれなくなるなどが主な症状です。ズレ初めはグキグキと音がしたり、後頭部痛がよくみられます。その後悪化してくると指が痺れたような感じになり、細かいものを持つことが困難になったり、物を落としてしまうようになります。さらに重症になると四肢の運動障害が顕著に現れます。

環軸関節亜脱臼の治療

環軸関節椎亜脱臼の主な治療は安静にしながら固定することです。固定装具にはソフトカラー、フィラデルフィアカラー、支持つき固定装具、ハローベストなど頸椎カラーを使用します。最近は様々な形、材質の装具があり、症状や材質の好みにより選択肢が増えています。安静と固定で改善が見られない、進行がある時は手術になります。以前はハローベストを手術前中後つけましたが、最近では進歩し、装着なしでの手術もあります。その他、理学療法により、筋肉を柔らかくすることも大切です。カイロプラクティクや整体なども有効な治療法です。