" type="text/css" media="screen,tv,print" /> ぶどう膜炎 | 関節リウマチどっとコム-症状や検査、治療について知る-

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎

ぶどう膜とは、眼球を包むように広がる膜で、脈略膜、毛様体、虹彩をまとめた総称です。リウマチが原因でこのぶどう膜に炎症ができる状態です。ぶどう膜のうち脈略膜は網膜と強膜の間にある膜状の組織で、眼球内部の広い範囲を覆っています。全身性のリウマチでは強膜炎同様に眼球に症状が現れた状態です。ここでは、ぶどう膜を含む情報をご紹介します。

ぶどう膜炎症状

ぶどう膜炎の症状は眼球のどのあたりに異常があるか、病気の程度はどのくらいかによって異なります。主症状は眼球の痛みがあります。虹彩や毛様体の炎症が強いときや、眼圧が上昇すると現れます。視野の中心部分が見えずらく対象物が見れない。これは、視界の中央部分が黄斑の炎症や障害で視界が制限されます。物がゆがんで見える、小さく見える、色調が変わって見える。これは、網膜剥離があると現れる症状です。白目の充血、これは虹彩、毛様体の炎症が引き起こします。視力の低下、これは眼球の炎症により前房や硝子体が濁るために起こる症状で、炎症による網膜の変化、白内障、緑内障の併発が原因です。

ぶどう膜炎による眼球の変化

ぶどう膜炎の炎症が原因で透明だった硝子体が濁り、視力の低下を招きます。そのため視力が低下し、視界が濁って見えてしまいます。網膜の炎症が原因でその部分に境界の不明瞭な黄白色の斑点が出来ます。黄斑付近に炎症が起きると、炎症の程度に応じて視力の低下が見られます。良好な視力をもつのは網膜の中でも黄斑だけです。そのため、視力が完全に回復することは困難です。網膜の炎症部分が少なく、症状が軽いと炎症自体が吸収された後は網膜は正常に戻ります。炎症の範囲が広い場合や、炎症そのものが強い場合、その部分は障害、もしくは破壊されてしまいます。

ぶどう膜炎の経過

ぶどう膜炎の原因は不明点が多く、症状が軽く2~3週間くらいで治まり再発しないケースもあります。しかし、再発を繰り返す、炎症が長期にわたる慢性のものは完治しにくく、数年間も治療を要する場合があります。この場合は治療が困難で治りにくいです。短期間で視力が低下する人もいれば、長期間病気が治らなくても視力に影響しない人もいます。いくら治療を行っても、網膜障害や、合併症のために視力の低下、失明を防げない場合もあります。病気の経過をあらかじめ推測することは難しいです。治療のタイミングを逃したり、副作用の恐れから治療が十分でない場合、視力の回復が達成できない恐れがあります。